DirectCloud-BOXのWeb脆弱性への取り組み

DirectCloud-BOXに興味をお持ちいただき誠にありがとうございます。

Webアプリケーションとは、ユーザーがインターネットを介して利用するアプリケーションのことです。
脆弱性はセキュリティホールとも呼ばれます。 脆弱性が残された状態でサービスを利用していると、不正アクセスに利用されたり、ウイルスに感染したりする危険性があります。
インターネットに公開しているサーバーの場合には、脆弱性を利用した不正アクセスによって、情報漏洩やデータ消失・改ざん、ウイルスの発信源になってしまったりなど、攻撃者に悪用されてしまう可能性があるため、脆弱性は必ず塞いでおかなければなりません。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード

会社名 *
「会社名」を入力してください。
お名前 *
「性」を入力してください。
「名」を入力してください。
メール *
「メール」を入力してください。 「メール」は正しい形式で入力してください。
電話番号
「電話番号」は正しい形式で入力してください。(半角数字、-、+、()のみ)