オンライン・クラウドストレージ「DirectCloud-BOX」へ

法人向けオンラインストレージ・ファイル共有

オンライン・クラウドストレージ「DirectCloud-BOX」へ
 
 
TOP 特徴 他社比較 主要機能 オプション 利用料金 利用シーン サポート
 
     
  BOXトップページ > 導入事例 > 株式会社イー・フュージョン  
 

パートナー企業間での業務効率化を促進

イー・フュージョン

企業名: 株式会社イー・フュージョン様

代表: 代表取締役社長兼CEO 黒岩 潤司

業務内容: WEBサイト制作、スマートフォンアプリ企画開発

情報通信業

会社紹介

設立 1995年5月25日
資本金 100,000,000円
所在地 埼玉県埼玉県川口市栄町3-2-16
従業員数 14名
URL https://www.efusion.co.jp/
グループ会社 株式会社ASJ 東証マザーズ上場(2351)

概要

韓国のウェブエージェンシー「FID」の日本現地法人として設立後、ウェブ制作やアプリケーション開発などを手がける。
現在は株式会社ASJのグループ会社となり、企業ホームページやコーポレートサイトなど、ウェブ・CMSの企画から構築、運営、プロモーションまでを総合的にバックアップ。
iPhoneビジネスに熟知した経験豊富なコンサルタントによるアプリ開発も行っており、ビジネスとウェブの融合による価値を創出している。
会社紹介
株式会社ASJのグループ会社

日々更新される業務に柔軟に対応できるストレージサービスを探していた

― ダイレクトクラウド・ボックスを導入したきっかけを教えてください。
「弊社はウェブ製作をメインに、スマートフォン用のアプリ開発など、様々なソリューションを手がけています。 なかでもウェブ製作部門では、数年前より、スマートフォンをはじめとする様々なデバイスに対応したウェブページを製作するという需要が大きくなりました。
我々が提供しなくてはいけないサービスも日進月歩で進化しているという状況です。
株式会社イー・フュージョン
株式会社イー・フュージョン
プロデューサー 西田 健一 様
また、以前はパートナー企業のホームページ企画、製作から、日々のメンテナンスや更新作業までを丸ごと委託、という事が多かったのですが、昨今ではCMSを導入したモデルの需要が高く、 お客様の会社で更新作業していただくなど、ひとつのプロジェクトに対して多元的な制作形態をとることが増えてきました。
必然的にプロジェクトに関わる人数が増え、そのすべての関係者に対して適切な情報やデータを配布していくということが、とても重要になってきたのです。
それに加え、最近はプロジェクトに関わっているメンバー全員が社内にいるということも少なくなり、情報共有がスムーズにいかないケースが度々起こっていました。

そこで、様々なクラウドストレージサービスを比較・検討し、実際にサービスも導入したのですが、やはり関係各社への導入のしやすさや、同期のスピードなどの、利便性を高めれば高めるほど、セキュリティ性能は落ちてしまうという問題点がありました。そこで、プロジェクトごとに適切な情報の管理を行えるクラウドストレージサービスとして、「ダイレクトクラウド・ボックス」を導入することに致しました。
株式会社イー・フュージョン

管理機能とセキュリティ性能が両立したクラウドストレージ

― ダイレクトクラウド・ボックス導入後の効果はいかかですか?
株式会社イー・フュージョン
▲ インタビュー映像はこちらからご覧いただけます。
「パートナー企業や、社内スタッフに対してファイルを配布する際に、必要なデータがここにありますよ、という「場所」を示すのが意外と難しいんです。
ウェブ製作の現場では、テキストや写真、デザインデータやページそのもののプログラムデータなど、実に様々なファイルを扱いますが、それらを一括して管理することも業務の効率化に直結します。
ダイレクトクラウド・ボックスを導入することによって、データの保存場所が明確になり、日々あがってくるタスクに対して、必要なデータを適切な担当者に振り分けていくことがスムーズに行えるようになりました。
また、データやファイルの管理のしやすさやセキュリティ性能も実感しています。

以前は、「このデータはココ」、と一部の関係者にだけ配布したつもりが、結果的に誰もが見れる状態になっていた、ということが起こっていたのですが、ダイレクトクラウド・ボックスを導入してからは、 データに誰が、いつアクセスしたのかという履歴が残り、それが後から確認できるので、情報管理という点で非常に役だっています。

専任者を置かなくても、簡単なデータ管理が徹底的に可能

― ダイレクトクラウド・ボックスをおすすめするポイントがあれば教えてください。
大手企業だと、情報を管理する専任者や専門の部署があったりしますが、我々ぐらいの規模の会社だと、どうしても情報管理だけに人員を割くのが難しいという状況があります。
管理というのは、直接お金にならないですから。
しかし、パートナー企業からお預かりしているデータを適切に管理することやセキュリティ対策をするというのは、我々のような企業の生命線でもあります。
「ダイレクトクラウド・ボックス」を導入することで、専任者を置かなくても高度な管理やセキュリティ性能を実現することができたので、作業が効率化され、結果的にプロジェクト全体の生産性が上がったと思います。

パートナー企業間での業務効率化を促進

「ダイレクトクラウド・ボックス」を導入することにより、多様なパートナー企業や社内のプロジェクトメンバーに対して適切なデータ配布が可能になり、業務効率が高まりました。

その利便性を保ちつつ、高いセキュリティ性能も保持しているので、既存のクラウドストレージサービスを使うよりも、適切なデータの権限管理ができるようになりました。
株式会社イー・フュージョン
その他の導入事例一覧を見る >
 
 
お問い合わせ お申込 オンラインストレージ「DirectCloud-BOX」への無料トライアル版
 
 
 
 
DirectCloud, Inc.
Copyright © 2016 DirectCloud, Inc.
All Rights Reserved.
たいせつにしますプライバシー
Top
特徴
・ 安全なデータ管理
・ ハイスペックのセキュリティ
・ 強力な管理ツール
・ 高い拡張性
・ ビジネスに最適化したユーザー機能
・ 導入効果の最大化
他社比較
主要機能
・ 管理者機能
・ ユーザー機能
オプションサービス
・ FOLDER
・ PRINT
・ VIEW
・ SURVEY
・ TALK
・ VIDEOOFFICE
利用料金
利用シーン
・ 医療
・ 流通・商社
・ 印刷・出版
・ 学校・教育
・ 旅行・サービス
・ BYODの推進
・ ある販売会社にて
・ ある中学校にて
・ 金融・銀行
無料会員登録
ダウンロード
管理ページ
メンテナンス情報
よくある質問
ヘルプドキュメント
お問い合わせ
動作環境
お知らせ
メンテナンス情報
パートナー募集
特定商取引に基づく表記
個人情報保護方針
個人情報取扱方針
利用規約
サービス概要
サービス品質保証制度(SLA)
サイトマップ
会社概要
アクセス
公式ブログ